在院生の声

豊島 志穂さん

プロフィール

  • 2018年[秋]入学

豊島志穂さん

仲間と切磋琢磨できる環境
他愛のない会話からの情報交換も有意義

入学を検討していた当時、まだ実務経験が1年と少しでした。そんな私でも、LEC会計大学院ならサポートを受けながら成長できるのではと思い、入学を希望しました。修士論文指導が手厚いこと、事務局の方々がとても親切だったこと、授業は平日19時半からと土日に実施されるため普段の仕事を続けながら通えること等に魅力を感じました。

修士論文は、入学早々から手厚くご指導いただいており、充実した内容のものを2年間で完成させられそうだと感じています。先生方は普段なかなか関われないような実績のある方々ですが、税法初心者の私にも丁寧に教えてくださいます。困っていると諸先輩方も声をかけて下さり、これまで何度も助けて頂きました。学生同士の助け合いがよく行われている大学院だと思います。

就業後や土日に通学するには多少強い心が必要かと思います。授業では仕事から頭を切り替えて、自分で考えなければついていけませんし、仕事と学業の両立はハードではあります。しかし、今まで気付かなかったことに気付かされたり、学びへの意欲が増したり、実務に必要なことを満遍なく学べるので、長期的に考えるとプラスな点が多いです。また、学生には、会計事務所勤務者はもちろん、様々な業種の方がいるので、他愛のない会話から情報交換できることも有意義です。出会った仲間と切磋琢磨することは、毎日が充実し楽しいです。

今、読んでくださっている皆さんは、大学院入学は税理士になるための一歩としてお考えの方が多いと思います。生活の変化や論文作成への不安などもあると思いますし、一歩を踏み出すことは簡単ではないかもしれません。しかし、先生方、事務局の方、学生同士、皆が助けてくれます。私は大学院に通いながら税理士試験の勉強もしていて、次の一歩は試験科目合格です。この大学院でとても良い一歩を踏み出せたので、税理士試験もこの調子で頑張ろうと思えています。LEC会計大学院では様々な人が頑張れる環境が整っています。一緒に頑張りませんか。